家族には難しい「共感」

夫が先日から、プライベート用PCがオンライン中に固まると言うので
私の経験談を伝えた上で、「だから、Core i3 以上のPCを買えばいいよ」
と言っているのですが、なんとか自力でスペックを上げたいようで。

しかし、実は私も、オンライン打ち合わせ程度なら
プライベート用PCを使いたいというどうでも良いこだわりを持ち、
メモリを4GBから8GBに増設するなどあれこれやってはみたものの、
やはり最後はCPUのスペックなのかなというところに行きつき、
今はビジネス用のメインPCを使用しています。

いえ、それで良いんです。何の問題もないのですが。

夫の、ビジネス用をオンラインで使いたくない気持ちもわかるのです。
画面を共有して、うっかりデスクトップの画面を見せちゃう、
なんていうことは避けたいですし。気持ちはわかるのです。

だから、「買いなよ。Core i5のPC、買っちゃえ」と言うのですが
何やらまだ話し続けている。いかに性能が低くて困ったかを。

いや、だから、もう買えばいいじゃん、と言いかけて思い出しました。

彼が今、求めているのは「共感」
でも、私が提示しているのは「解決策」

すぐに忘れてしまうんです。昔からそうです。子どもの頃からです。
「~すればいいじゃない」「早く~しちゃえば」とよく言っていました。

少し大人になってからは、友人たちとコイバナが増えるわけですが、
「付き合っている人いるんですか?って聞いてあげようか?」
なんて言ってしまったりして。我ながら、無粋ヤツでした。

私も、共感してほしいだけのことがたくさんあります。
聞いてほしい。そんな気持ちになることはあります。
ところが、特に相手が家族だと、つい忘れてしまう。

いいから、さっさとPCを買え!!

という言葉を飲み込み、
「あー、画面がねー、固まっちゃう。あれは滑稽よねえ」
「音声、途切れちゃったかあ。あれはイライラするよねえ」
と言ってみましたが。

やはり最後は、「だから、買いなって」と言ってしまっていました。
愛する夫の困った顔を見ていると、つい何とかしてあげたくなってしまう。
夫にはいつも嬉しそうな、楽しそうな顔をしていてほしいのだと思います。
これもある意味、自分勝手ですよね。

彼はきっと自力でPCのスペックを上げるでしょう。
だから、解決策の提示は必要ないのです。

今、夫が求めているのは共感。
・・わかっちゃいけるけど、家族への共感は難しいなあ。でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です