やっと夫に言えました

夫と息子の希望で(実際は、ほぼ夫の希望)で1年前から猫を飼っています。

この猫が、仕事中に限ってなぜか私と遊びたがる。
猫じゃらしをくわえて私の部屋にやってきて、
パソコンのモニターの前に立ちはだかり、
遊べ、遊べと鳴き続ける。

放っておけばよいのかもしれませんが、
それをすると強い罪悪感に襲われるのです。
自分がひどく心ない冷たい人間のように思えて。

夫に何度か言いました。
「仕事が進まないのよ、私、本当に困ってるのよ。」
「ただ仕事をしているだけなのに罪悪感に襲われるの、もうつらい。」

それに対する夫の返答は

「じゃあ図書館とか喫茶店とかで仕事をするしかないでしょう。」

はい、出ました、解決策。
私もやってしまい勝ちな、解決策の提示。

でも、今、求めているのはそれじゃない。
ほしいのは、共感です。

ということで、結婚29年で初めて言ってみました。

「あのね。女性は共感なの。共感してほしいのよ。
それはつらいよね、それは困るよね、って言ってほしいの。」

すると、夫、

「あはは。そうかあ。
でも、それじゃあ、ずっとその話が終わらないじゃない。」

すかさず言い返しました。

「それを聞くのが、夫の務めというものです。」

思わず二人で笑ってしまったのですが、
言いにくいと思っていたことも、
言ってしまえば、こんなふうに笑えるものなのかと
肩透かしにでもあったような気持ちになりました。

怒りを伝える=リクエストすること。
結婚29年目にして、ようやくさらっと言えるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です