帰宅が遅い息子にイライラ。でも…

息子(高校生)の帰りが遅い。(と思った時点ですでにイライラ)

翌日は部活動の行事で早朝の出発。だから母親としては、早く食べさせて、早く寝かせたい。それなのに息子は、今、一体、どこで何をしているのか。

ようやく息子からLINEが来たと思ったら「学校に戻る。落とし物を見つけたから。学校に届ける。」と。

なっ、なんですと!?

思わず、次の言葉をぶつけそうになりました。「それは月曜日で良いんじゃないの!?今、届ける必要ある?ないでしょ!ないよね?明日、早いんだから、いいから早く帰ってきなさい!」と。

しかし、ゆっくり深呼吸*。そして、自分に問いかける。
「これは、本当に怒る必要のあること?」

私がイライラしているのは「今夜は早く寝かさなくてはいけない。そうでないと息子は明日の朝、起きられなくなってしまう。」という根拠のない強迫観念が原因。今夜、たとえいつもと同じ時間に寝ても、明日の部活動には何の支障もないでしょう。そもそも息子は、小学生の頃から寝坊したことはないのです。冷静に考えればわかることなのに、頭に血がのぼるとそんなことにも気づけないのですね。

落ち着いたところで、LINEを返しました。
「おつかれさま。えらかったね。きっと、その落とし物も “拾ってくれてありがとう” って言ってるよ。気をつけてね。」

…私がこんなことを言うなんてシンジラレナイ…。息子が生まれた瞬間から、私はずっと自分の「べき」で、息子をガチガチに締め上げていたのです。その私が、こんなゆるっとしたことを言うなんて…。自分を褒めてあげたい。「アンガーマネジメント、できたね」って。←自画自賛(笑)

息子のことになると、これからも「ついカッとなって」はあると思うのですが、その都度、自分に問いかけて、地道にコツコツ、アンガーマネジメントを続けていこうと思います。

———–
*深呼吸
アンガーマネジメントでは「呼吸リラクゼーション」と呼んでいるテクニック。ついカッとなった勢いで何かを言ってしまう前に、ゆっくり深呼吸することで冷静になるのを待ちます。アンガーマネジメント入門講座でも詳しくご紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です